<< 懐古 | main | 2014年に足を運んだ場所 >>

スポンサーサイト


カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

拍手する
| この記事のリンク | - | - | pookmark |

10/27 イットランズ名古屋公演


カテゴリー:塚田僚一

昨日27日は塚田くん出演舞台『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー〜パパと呼ばないで〜』の名古屋公演を観劇しました。
東京のPARCO劇場での公演は5回観に行ったんですが、地方は名古屋が初だったので、PARCOとの違いはあるのかな、とドキドキ。

愛知県芸術劇場 大ホールは以前にも行ったことがあったけど、席が後ろの方だったので遠いイメージしかなくて。
でも今回は1階なのでわりと近いのかな、と思っていたらやっぱり遠かったです(笑)PARCOの規模に慣れてしまった自分が悪いけど、ドタバタ劇に吸い込まれていくような臨場感が感じられなかったのはやっぱりちょっと寂しかったです。あと1階って段差がほぼ無いのね。前列の人の頭で視界が遮られて、頑張って観てはいましたが、諦めなきゃいけないシーンも多かったし全体を把握できないのが辛かった。音に関しても、会場が広いから声が響いてセリフが聞き取りづらいところが多々ありました。
とはいえそれは自分自身がPARCO劇場とのギャップに戸惑っているだけであって、この名古屋公演が初観劇という方にとっては純粋に楽しめた方が多いのではないかなと思っています。
舞台の上で起きていることは、東京も名古屋も変わりがなかったからね。それがうれしかったです。
ホワイトクリスマスのBGMも、ローズマリーの場内アナウンスも、オープニングの電飾もちゃんとあって、感動しました。
レズリーは、会場が大きいこともあってかPARCO以上に声を張って頑張っていました。モーティマー先生も動きを大げさにしていたり。
PARCO劇場で5回観たなかでも日によって笑いが起きるポイントが違っていたんですが、名古屋でもやっぱり違ってて面白いなぁと。セリフが笑い声で消されてしまって、あ、今も面白いこと言ってるのにーと思ったりね(笑)コメディってタイミングが重要なんだなと客観的に考えさせられます(笑)

終演後は、幕前にニシキさんと塚ちゃんが2人で出てきて挨拶をしてくれました。
塚ちゃんが名古屋の印象について、「いつも受け入れていくれる」というようなことを言ってくれてうれしかった。これ先月のツアーの時にも言ってたんじゃないかな。実際、名古屋で公演がある日は朝のテレビ番組に出演したり、ラジオにゲストで出たりっていうのは毎回必ずといっていいほどあるもんね。それを「受け入れてくれる」って表現してくれる塚ちゃんがいとしいです。ローカル番組にたくさん出てくれるのは、視聴者としても幸せなことですしね。
昨日は東海テレビの『スイッチ!』に出演して、会場には番組から塚ちゃんへお花も届いていて嬉しかったです。
最後はステージ下手端まで歩いて、そこでお二人で一礼して、舞台袖へ入っていかれました。ニシキさんと塚ちゃんの関係性も親子みたいでかわいいわ。

楽しみにしていた地元・名古屋公演が終了してしまいまして、残すところあと大阪の3公演のみですね。私は今のところ2公演観劇する予定ですので、また楽しみです。楽しみだけど、終わってしまうのは寂しいなあ…。
拍手する
| この記事のリンク | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト


カテゴリー:-

拍手する
| この記事のリンク | - | - | pookmark |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://smarashiabc.jugem.jp/trackback/585

トラックバック

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
OTHER
ジャニーズブログランキング
よろしければ クリックお願いします♪
最新記事
カテゴリー
月別アーカイブ
コメント
トラックバック
リンク
A.B.C. PEOPLE-Z
A.B.C.PEOPLE-Z
QRコード
qrcode
ブログ内検索
JUGEM広告
RSSフィード